【ニュース】ドラゴンボールZ ブッチギリマッチの配信が決定!


人気ゲームアプリのドラゴンボールZドッカンバトルが配信されてますが、「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ(DBZBM)」という新作ゲームが発表されました。


ブッチギリマッチについて

このドラゴンボールZの新作ゲーム「ブッチギリマッチ(DBZBM)」は、新会社のBXDから配信されます。このBXDとは、バンダイナムコエンターテインメントとドリコムの共同出資による会社です。ドラゴンボールの新作は、ブラウザゲーム。

このゲームは、ブラウザゲームになっており、アプリをインストールしなくても遊べるゲームです。HTML5の技術で、品質は、アプリと変わらないレベルです。スマホブラウザゲームを配信されている「enza(エンザ)」で配信されます。

ブッチギリマッチ

ブッチギリマッチの内容

Youtubeでは、公式のPV動画が上がっています。インストール不要ですぐに遊べます。動画をみると、リアルタイム対戦ゲームとして、近くの人と対戦ができるようです。ブッチギリマッチは、URLを送れば、招待バトルで即対戦。カードゲームのように相手の戦略を読み、タップして攻撃をします。

バトル中に悟空がスーパーサイヤ人に変身。進化が戦略のポイント。キャラクターの個性を活かして、自分だけの最強チームを作ります。攻撃力アップ、防御、能力ダウンなどキャラの数だけ戦略があります。同じカードを素材に強化した場合は、限界突破して強くなります。名シーンや迫力のバトルが再現されています。

SSRでゴールデンフリーザーも登場。相手との駆け引き、読み合いで戦略を立て、タップします。気になる配信開始日は、今年の春に配信されます。

事前登録の情報

公式サイトでは、事前登録の受付もしております。事前登録をすると限定キャラが手に入り、SRの孫悟空(少年期)、59万人突破でSRの孫悟空(フリーザ編)がサービス時にプレゼントされます。その他、登録者数により招待ガシャ券や超玉が貰えます。また好きなキャラが選んでもらえるブッチギリガシャを行っています。

キャラを集めると限定悟空が最大3枚手に入ります。ガシャミッション限定キャラは、SR孫悟空(元気玉シーン)、SR孫悟空(ウーブとの出会いシーン)です。先行でガシャが引けます。

BXDは、HTML5中心のオンラインゲームを配信していくようです。enza(エンザ)もブラウザゲームのプラットフォームです。東京ゲームショウでも発表されていました。

ゲーム名  ドラゴンボールZブッチギリマッチ
配信日 2018年春
配信会社  BXD


こちらも読まれています

コメント/情報提供