【ニュース】PUBGのスマホアプリが中国でリリース!


PC版が人気のオンラインFPSゲーム「PlayerUnknown’s BattleGrounds」(绝地求生全军出击)、PUBGがスマホ版のアプリとして、リリースされました。日本では、荒野行動という同じようなアプリの人気が上がっています。


テンセントとは?

スマホ版のPUBGは、テンセント、PUBGコーポレーションが開発しています。テンセントは、1998年創業で、Facebookの時価総額より上で、Apple、Googleと同じくらいの世界5大企業に入ります。

日本では、知名度高くないかもしれませんが、中国に拠点を置く、大企業です。2017年のスマホアプリ会社のランキングでは、世界で一位に入ってる一流の会社です。

中国の代表的なスマホアプリ「王者栄耀」の運営会社でもあります。プレイ人口が2億人を超えて、収益世界一のアプリです。社会現象を起こし、年齢制限まで設定されてしまいました。

Youtubeではトレーラー動画が公開されており、事前登録も去年の11月末時点で100万人を突破していました。PC版と変わらないくらい、グラフィックも美しいです。発表から2ヵ月だったので、リリースが速い印象です。

PUBGとは?

100人のゲームプレイヤーが武器と頭脳を使い、最後の一人になるまで、生き残るのを目的とした孤島で銃撃戦をするバトルロワイヤルのオンラインゲームです。

移動できる範囲は、プレイの時間経過で狭くなっていきます。武器や車両、装備アイテムはランダムに配置されており、緊張感あるゲームです。

PUBG

PUBGは、Steamで2017円3月24日に配信リリース。販売3ヵ月で400本の売り上げ、収益も100億円を達成している人気ゲームです。現在は、2100万本以上を販売している大ヒットタイトルです。

今回スマホ版になることで、さらなるプレイヤーの増加と人気がでると思います。スマホでいつでもプレイできるのは、いいと思います。今回は、中国でのPUBGリリースでしたが、まだ発表されていないですが、他の国でもリリースされると思います。



こちらも読まれています

コメント/情報提供