【ニュース】ガンホーのパズドラ、レアガチャの的中率確率表示する


ガンホーが配信しているスマホアプリで人気のパズルゲーム「パズドラ」。ジャニーズの嵐がCMをしています。そのパズドラもついにガチャの確率を表記すると発表しました。昨年から問題になってニュースにもなっていました。確率が分からない、変動しているガチャの確率が表記されることは、ユーザーにとってメリットですし、信用性も高まると思います。

ただ、狙っているレアがある場合、かなりの低確率だと思いますので、ガチャをする人が減る可能性もあるデメリットもあります。宝くじの当選確率も知ってしまうと、はずればかりで損はしたくないので買うのを控えるのと同じです。


パズドラのガチャ確率表記決定

バズドラのガチャ確率表記は、ガンホーが大手だけに、この業界に影響を与えると思います。時代の流れとしては、Appleが開発者向けに公開しているAppStore審査ガイドラインにガチャの排出率表記を義務つける条項が追加されました。対応していないとAppleStoreでゲームアプリの配信が出来なくなる可能性があったのです。それの影響で迅速に対応したものだと思われます。

パズドラ

モンストなどのアプリも対応する?

パズドラが対応したので、今後は、モンストを運営するmixi、FGO、ポケモンGO、白猫プロジェクトのコロプラ、ドラクエなどのアプリ内ガチャも確率表記に対応していくと思います。そのようにしないとユーザーからクレームも起きそうです。確率表記したところで、かなり低いので、高額にガチャを回す人の抑制になる可能性もあります。



こちらも読まれています

コメント/情報提供