【ニュース】AppleがGoogleに続き、ARスマート眼鏡を開発中


AppleのARスマートメガネについて

Googleが眼鏡型のARデバイスを開発中のニュースは前から出ていましたが、アップルも拡張現実スマート眼鏡用レンズの生産を開始したそうです。Appleは、近い将来、眼鏡型のウェアラブルを販売するのは確実です。

腕時計のAppleWatchも人気でしたが、メガネ型端末もAppleから発売されれば売れそうです。
AppleのARスマートメガネは気になります。スマホよりはコストが安いので安く販売されるされるようです。

ディスプレイ技術にまだ課題があるようです。このARスマートメガネは遅くても2019年には販売されるそうです。
拡張現実(AR)は、リアルタイムに現実世界と人工的な物体を合成します。

画像全体が人工のバーチャルリアリティー(VR)と違い、実際の空間に何かを表示させます。海外では、景色を変えたり、人を出現させたりすることができるようになっています。
CGの3D技術が発展しているので、スマートメガネをはめることによって、様々な情報を獲ることができるようになるようです。

国内メーカーでは、エプソンがスマートグラスのMOVERIOを販売しています。有機ELディスプレイでARを表現できるようです。また、Wifiでブラウザを見れて、ネットサーフィンもでき、インターネットの有料定額動画サービスを使い、映画・ドラマ・アニメ・スポーツなど、また無料動画のYoutubeなども大画面のような感覚で見れるようです。

ゲームでは、SonyがPSVRを発売しています。海外では、FaceBookの社長であるマークザッカーバーグもVRの時代が来ると先読みして、Oculus(オキュラスリフト)を買収して開発を続けています。

Oculus Riftは、12月にコアソフトの最新版Rift Core 2.0が公開されます。モーションコントローラを使って、好きな位置に配置して操作することができます。何もない空間で映像が見れるのは近未来的で不思議です。

オキュラスは結構快適に操作できます。今回のアップデートでは、好きに自分の部屋を作ることができるようになりました。VRヘッドセットは、Facebookのマークサッカーバーグも将来小型化するといってるので、より身近に使えそうです。他には、HTC Viveもあります。メガネ端末は、倉庫作業や医療現場などでも手を使わずに情報を見ることができるので活用できるようです。VRメガネも進化を続けています。



こちらも読まれています