【ニュース】iOS11でiPadProがMacBookに近づいた


iPadProがノートPC化へ

先日、AppleのiOSがアップデートされました。

その機能により、iPadが変わったと噂されています。
Macbookに近づいてきたと思います。
最近は、Windows搭載のタブレット型ノートPCもありますので、その影響かもしれません。

まずは、アップルのiPadをiOS11にアップデートしてみました。
その追加された便利な機能を紹介します。

Dock機能がアプリの登録数が増えて、またスワイプ操作ですぐに表示されるようになりました。
ホームに戻る必要なくアプリの変更ができるので、マルチタスクが強化されてMacBookに近づきました。
また、さらに違うアプリを表示させて、1画面を半分に分割して同時に2つ使えるようにもなりました。
ドラッグドロップもできます。

ファイルアプリが登場したことにより、iCloudやDropboxとのファイル交換も容易になりました。
ファイルの確認、やり取りに便利です。ファイル機能によりPCに近づいてきました。

スワイプして表示させたフルキーボード入力で切り替えしなくても数字などが入力できるようになりました。

標準のメモアプリにスキャナー機能が追加。カメラアプリで撮影して、スキャン可能。PDFにもできます。
スクリーンショット撮影時も文字を書き込めるようになりました。

また、Apple Pencilで二回クリックするとすぐにメモを取れるようになりました。
Apple Pencilは精度がいいです。

iPadProは処理能力が上がり、カメラ、スピーカーもパワーアップしています。
漫画を読む場合は、AmazonのKindle、雑誌などの電子書籍は、iPadProがオススメです。
Youtube用の動画編集も出来ます。また、Smart Keyboardも打ちやすくなっています。
iPadの売り上げが落ちてきているので、上げる施策のようです。

パソコンに近づいた便利な機能です。使う機会が増えそうです。
iPadpro



こちらも読まれています