【まとめ】iPhoneが勝手に画面が暗くなる原因と対策


iPhoneの画面が勝手に暗くなる原因と対処方法です。iOSをアップデートすることで、設定が変わり、暗くなる場合とバッテリーなどの劣化が原因の場合があります。


iPhoneの画面が暗くなる

iOSのアップデートを行った際に、iPhoneの画面が勝手に暗くなるといったとTwitterでツイートする人が多かったです。勝手に暗くなるのは分からなかったり、謎という方が多かったです。

画面の明るさが変わるのを説明すると、原因は、自動調節の設定にあります。この自動調節の設定がオンになっていると画面の明るさが自動で変わります。

自動調節が原因

暗い場所では画面が暗くなり、明るい場所では画面が明るくなります。画面の明るさを自動で調節してくれる便利な機能です。設定の一般、アクセシビリティを選び、ディスプレイ調節から明るさの自動調節で変更できます。この設定は、iOSをアップデートすることで、設定がオンになり、ユーザーがびっくりしたようです。

手動にする場合はオフにしましょう。画面は明るすぎない方が、目の負担も減り、疲れにくかったり、電池の消耗を遅くすることができ、電池も長持ちします。

また、Appleによると、バッテリーが劣化している場合も画面が勝手に暗くなることがあります。



こちらも読まれています

コメント/情報提供