【まとめ】iPhoneが熱くなる原因と対処法


iPhoneを使っていると熱くなって、気になることがあると思います。アプリを使っていたり、充電中などスマホを持つと発熱を感じることがあります。


iPhoneが熱くなる原因

iPhoneが熱くなる原因ですが、一番はバッテリーの熱、内部、外部が理由になります。

充電したバッテリーの熱

バッテリーが少なくなってきて、モバイルバッテリーやコンセントで充電したまま、携帯を操作することがあると思います。充電中は、バッテリーが熱を持つので、あまり操作しない方がいいです。結構多いのですが、iPhoneが最近、熱を感じるという方は、バッテリー充電中にiPhoneを操作しているからです。バッテリーの劣化など、昔はOSが原因の場合もありましたが、古い機種よりも最新のiPhoneの方が熱を持たない可能性があります。

CPUフル稼働の内部熱

ゲームなど処理にCPUを使うアプリを複数つかっているなど、負担をかけていると、パソコンと同じく熱を持ってきます。iPhoneにもCPUがありますので、解決するには、スマホの使用を一度辞めて休憩することです。ゲーム機も熱を持ちます。パソコンにある冷却ファンもスマホにはないため、温度を下げれないので、置くことで放熱をすることができます。iPhoneの金属製のスマホケースなども、熱を逃げなくて、熱を持ちやすいものがあります。

温度による外部の熱

夏など気温が高くなってきます。直射日光や温度が高い場所では、熱が逃げるより、上がりやすいです。車の中に置くなど、熱くなるような場所に置いておくのは、やめておきましょう。

以上でも熱の持ち方が異常な場合は、バッテリーなど故障の原因可能性があります。対策をしないと逆に熱を持ちます。使用をやめるなど、熱を持たない行動をして、熱を逃がしてあげましょう。

やけどや故障の原因、目の疲れにもなりますので、スマホの過度な使用は避け、充電しながらなど、一度休憩をしてから使う必要があります。



こちらも読まれています

コメント/情報提供