【まとめ】音楽CDをiPhoneに取り込む方法


音楽CDの楽曲をiPhoneに入れる方法を解説します。iTunesを使用することで、iPhoneに音楽CDを入れたり、データのバックアップを行うことができます。


CDをiPhoneに取り込む方法

まず必要な物は、パソコンになります。Windows、Macどちらでも構いません。PCのスペックも気にしませんが、空き容量があった方がいいです。また、古すぎても壊れてデータが消える可能性がありますので、新しい方が望ましいです。

パソコンに音楽を取り込むことで、楽曲を管理できます。その管理や同期に必要なのが、AppleのサイトからダウンロードできるiTunesです。iPodを持っている方なら馴染みがあるソフトだと思います。また、iPhoneのデータをバックアップする際にも使用致します。iTunesは無料でダウンロードできるソフトです。アップルの公式サイトよりiTunesと検索してダウンロードしましょう。

パソコンにiTunesをダウンロードして、インストールまで完了したら、音楽をiTunesに取り込みします。最近のノートPCは、CDドライブがなくなってきているので、その場合は、外付けのUSB、DVD・CDドライブを使用して下さい。Amazonなどでも2千円位です。CD以外にもiTunesでは、iTunesカードやクレジットカードなどを使用して、最新の楽曲をダウンロード購入することができます。

iTunesにCD音楽を取り込むことで、管理・再生ができます。ライトニングケーブルを使用して、PCとiPhoneを接続します。同期を致します。バックアップをする際は、容量が必要になったり、時間がかかる場合があります。

※注意点としては、iTunesでエラーメッセージが出て、同期が出来ない場合がありますが、他のUSB機器をすべて外してから、同期を行ってください。

パソコンに音楽を取り込む

音楽CDをCD・DVDドライブに入れます。自動でインポート(取り込み)しますかと確認メッセージが表示されますので、はいを選択してください。ネット接続の場合は、自動で曲名、アーティスト情報が取得されます。すべてにチェックが入ると完了です。CDなしでPCだけで音楽を聴けるようになります。

iPhoneをPCと同期する

音楽をiPhoneに取り込むために、iTunesを起動した状態でライトニングケーブルをiPhoneとPCのUSB端子に接続して、同期をします。
他に画像、アプリなどのデータをバックアップもiTunesを使用してできます。



こちらも読まれています

コメント/情報提供