【まとめ】年末ジャンボ宝くじの当選確率、当たる買い方、当選番号



年末ジャンボ宝くじの当選確率

毎年年末恒例の年末ジャンボ宝くじが発売されてます。
普段買わない方も、買う方が多いのではないでしょうか。
筆者も毎年買ってます。

海外の宝くじは百億越えで桁外れですが、その分当選確率も低くなってます。

日本の年末ジャンボ宝くじは、1等前後賞合わせて10億円です。
夢のような金額が当たります。当選金10億を考えると、当たらないだろうなと思っていても、ついつい買ってしまいます。
まずは買わないと当たらないものです。佐賀には宝当神社があり、全国から宝くじファンが訪れるそうです。
宝くじを買う場合は、宝くじ売り場も気になるものです。売れている所は、行列ができていたりします。

宝くじの販売で3種類あります。
「年末ジャンボ宝くじ」、「年末ジャンボミニ」、「年末ジャンボプチ」
年末ジャンボ宝くじの当選本数と当選金額ですが、
1等が7億円、25本です。前後賞は、1億5千万円で50本で当選確率は2千万分の1。
ジャンボミニは、7千万で1千万分の1、ジャンボプチは700万円で1万分の1です。

当たりそうにないのですが、実際に当たってる人がいるので、案外期待しないほうが運が良くて当たるのかもしれません。
宝くじを購入すると当選番号発表まで待ち遠しいものです。宝くじの番号発表までは、夢を買うような気持ちです。

買い方は、過去の高額当選者アンケートによると、男性30枚、女性10枚が多いです。
お金持ちや会社の社長さんなどは、一度に大量に買われてたりします。
今年の年末ジャンボ宝くじは、10万円の当選確率は数倍に上がってます。

宝くじの買い方

よく聞く宝くじを当てた人の買い方は、バラ買いが有名です。
組や番号をバラバラのものを買います。
他でオススメは、連番買いです。前後賞も狙えます。

宝くじマニアが購入している日は、吉日や大安。
方角は風水、開運アイテムに天然石の置物、身に着けるのはパワーストーンなど。
神棚に置いたり、招き猫置いたり。

宝くじの販売期間は、11月27日から12月22日まで。抽選日は、12月31日大晦日です。
当選番号は、元旦お正月の朝刊新聞以外にインターネットでも確認可能です。

普段買わない人も宝くじ購入されてみてはいかがでしょうか。当選したら10億円は夢があります。



こちらも読まれています

コメント/情報提供