【まとめ】iPhoneメールの初期設定方法と使い方



iPhoneのメール設定方法

iPhoneに機種変更などされて、メールの設定で困る方が多いようです。
iPhoneから新しいiPhone8などに変更した場合は、iCloudやiTunesにバックアップを行っておいて、iPhoneの復元を選びます。

iTunesはMacbookなどのパソコンにインストールされていない場合は、ダウンロードできます。アプリデータや電話張、写真画像などもバックアップできます。どちらかが必要になってきます。

キャリアメールの設定の場合は各au、ソフトバンク、ドコモの公式サイトに掲載してあります。もしくはショップで詳しく教えてもらえるので店員に相談できます。

iCloudのメールアドレスを取得する場合は、AppleIDが必要になります。持っていない場合はAppleIDを作って下さい。

自動受信などのメール設定は、iPhoneの設定を押して、フェッチではなくプッシュにチェックをして下さい。

各キャリアメールの設定ですが、Safariに各キャリアサイトのマイページにログインできるサイトのブックマークされているので、それに接続して、ID、パスワードでログインして好みのメールアドレスに設定できます。

Yahoo・GmailのPCメール設定

iPhone(iOS)は、キャリアメールとは別でAndroidのスマホも同じですが、PCメールが使用できます。
まだ、お持ちではない方は無料なので、ヤフーのYahooメールやGoogleのGmailがありますので取得をして下さい。
設定アイコンを押して、アカウントとパスワードを選択してアカウント追加のボタンを押します。

その際にYahoo、Google、iCloud、Outlookなどありますので、使用するメールアドレスのボタンを押します。
メールアドレスを入力して、メールで使用する名前とパスワードを入力して保存を押すと設定完了です。

ちなみに格安SIMに変更した場合は、その前のキャリアメールは使えなくなるので、PCメールをおすすめします。
メールの設定は、機種を変えると、一番大事なので覚えておくと便利です。

iPhoneの設定が終わると、メールが使用できるようになります。
メールアプリがありますので、そちらを使用します。
GoogleのGmailとヤフーのYahooメールは専用アプリがあります。



こちらも読まれています