【ドラゴンボールレジェンズ】属性相性とダメージ倍率を解説


ドラゴンボール(DB)レジェンズの属性相性とダメージ倍率を紹介しています。属性の相性を知っておくことで、与えるダメージや受けるダメージが変わってきます。


7つの属性がある

ドラゴンボールレジェンズでは、7つの属性があります。ダメージの倍率を上げる有利な属性、弱点属性があります。属性を知っておくと対戦で役に立ちます。

属性相性を説明

・赤→黄→紫→緑→水→赤 白→黒

属性により受けるダメージが増えたり、与えるダメージが変わってきます。パーティ編成の際も考慮した方がいいです。対戦中はキャラ変更が可能です。属性は、赤が黄に強く、黄が紫に強く、紫が緑に強く、緑が水に強く、水が赤に強く、白は黒に強いです。

弱点属性へのダメージ倍率

・有利な属性:ダメージ量×1.5倍
・不利な属性:ダメージ量×0.5倍

相手が弱点属性でこちらが有利な属性のキャラである場合は、ダメージ量が1.5倍に上昇します。また、不利属性の場合は、与えるダメージが0.5倍で半分になってしまい、受けるダメージも1.5倍になってしまいます。属性を意識して戦うことで試合結果が変わる場合があります。



こちらも読まれています

コメント/情報提供